「人類の永遠の宿敵」と言っても過言ではない害虫・・・ゴキブリ。

そのテカテカの姿と移動スピードを見た瞬間鳥肌が止まりません。

何とか家の中への侵入と増殖を阻止したい!

今回の記事ではゴキブリはどうして家に入ってくるのか、
入ってこないようにするための対策と、
見つけた時の駆除方法をまとめました。

なぜゴキブリは家に入ってくるのか

ゴキブリが家に入ってくる大きな理由は4つあります。

①食糧確保のため
単純な理由としては、妥当な理由ですね。
ゴキブリは自分の食糧確保の為に屋内に侵入します。

しかし手当たり次第に室内に侵入しているわけではありません。
ゴキブリは食べ物の臭いを察知して侵入してきます。
ゴキブリはああ見えて嗅覚がとても鋭いのです。

なのでよく食べ物や生ごみを放置していたりしていると奴らに察知されます。
飲食店などにゴキブリが入るのも、衛生面がどうのというよりもまず、
美味しそうな"ニオイ"を常に放っているからとも言えます。

②繁殖本能・交尾のため
ゴキブリのメスは「性フェロモン」がでます。
この性フェロモン、実に厄介。
昆虫のフェロモンは天候や風の影響は多少ありますが、
一般的に数キロほどの範囲に広がると言われています。

つまり、ゴキブリのフェロモンも例外ではなく、
家に1匹入ってフェロモンを出すだけで
数キロの広範囲に渡って同種の仲間を呼び寄せるのです・・・!
ちなみにゴキブリの性フェロモンはメスからしか出ませんが、
このフェロモンはオスだけでなくメスも呼び寄せます。

繁殖に都合のいい、居心地のいい場所を探して
家に侵入してくるのでしょう。

1匹の侵入を許してしまったばかりに、
家の中を奴らの●交パーティー会場にされてしまうという恐怖・・・!!

家で1匹見つけたら放置せず、必ず仕留めましょう。いずれ問答無用で増えます。

③寒さが苦手、生きる為に・・・
ゴキブリは寒いのがとても苦手です。
-5~10℃ほどでどんどん弱っていき、死に至ります。
7℃ほどになると成長も止まり、
5℃以下を20日間ほど保つと卵も死んでしまいます。

なおかつ乾燥も苦手で、
湿気のある環境でないと生きていけません。

なので寒い冬の時期はあたたかくて、湿度も保たれている
人間の住まいに避難してくるのです。

夏が過ぎ、寒くなって虫も見なくなったからと
空気の入れ替えの為に窓を網戸なしで全開にしないようにしましょう。

その隙を見て奴らは入ってきます。

④本能と学習能力で・・・
前述でゴキブリの嗅覚の優秀さを指摘しましたが、
なんとゴキブリは記憶能力も優れていて、
行動は3回で覚え、匂いは1回で覚えます。

餌のある場所に侵入し、その後は1回で覚えた匂いを頼りに数回出入りします。
すると場所も覚えます。
居心地がいいと判断した場合は前述の性フェロモンで同種の仲間を呼びます。

たった一回の侵入で、我が家のリピーターになる可能性があり、
ついには棲家にしてしまうのですね・・・。

家に入らないようにするには

ゴキブリが家の中に入らないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

①窓は網戸必須。あらゆる隙間を埋めること
よく夏場になると窓全開で涼をとる方もいますが、
ゴキブリはその全開の窓から堂々と侵入してきます。
窓を開けるときは必ず網戸を忘れずに。

また、ゴキブリは侵入できる隙間があればほんの1.5mmでも入ってきます。
賃貸などの窓の網戸等は軽めなので、風で隙間ができやすい場合は網戸の隙間テープを使用して隙間を埋めましょう。

他にもゴキブリが入ってきそうな隙間を見つけ次第、
出来る範囲でふさいでおくのが吉です。

②ミント系攻撃・置き型トラップ作戦
ゴキブリは匂いに敏感ですが、ミントやハーブ系の匂いが大の苦手。
市販のハッカ油を薄めたアロマスプレーを玄関や外回りに散布したり、
置き型の駆除剤、粘着シートトラップ(ホイホイ系)等を敷いておくのも効果的です。

ただしミントやハーブなどのアロマオイルは動物に悪影響の場合もあるので、
ペットを飼っている場合は事前に影響の問題がないか確認してください。

見つけた時のおすすめ対処法

もし予防法も虚しく家の中でゴキブリを見つけてしまったら、
スプレー式殺虫剤でプシューして済ませるものイイですが、
すでに卵の産卵をしていることを考慮して
卵ごと根絶やしにする駆除法をご紹介します。

それはフィプロニル(フェニルピラゾール系)の成分を含む置き餌式殺虫剤を使用することです。
この置き餌式殺虫剤をゴキブリの通り道や、家具の隙間、水回り等に配置することで毒餌の食いつき率が高まり、
卵ごと死滅させられる効果が期待できます。

市販のものではアース製薬のブラックキャップがそれに該当する商品で、おススメです。

アース製薬 ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 12個入

ちなみに筆者はまわりに適当な駆除剤がなかったのでキッチン泡ハイタ―をシュッシュしまくりました。
玄関だったので問題なかったのですが、それ以外の場所でやってたら床が変色してたかもしれません・・・。

それでもダメなときは

自分で手を尽くしたけど全然ダメだった・・・。
なんだか以前より虫が出てくる頻度が増えてきた・・・。

そんな状況になったら、害虫駆除専門の業者に頼みましょう!

筆者のおススメはムシ・プロテックという業者さんです^^



コチラの企業さんは

24時間無料相談可能
・全国に拠点が1000箇所以上あるので最短即日訪問可能(作業時間帯は9~21時)
・他社の見積もりよりも安く対応
・施工後に効果がなかった場合は無料で再施工もできる
・人間や動物にほぼ無害の薬剤を使用するため、ペットや小さいお子様がいるご家庭でも安心

という、安心のサービス内容となっています^^

即時駆除するだけでなく、害虫が寄り付かない予防もしっかりやってくれるので、
業者さんに頼むのも長い目でみたらかなりお得!

施工内容によりますが、お値段もそれほど高くはないので、
自分で対処しきれないと感じたら、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

・ゴキブリは1匹でも侵入を許すととんでもないことに・・・!
・侵入されないようにあらゆる隙間を埋めること!
・ミント・ハープ系のアロマオイル、置き餌型駆除剤がおススメ
・自分の手に余るようなら害虫駆除の業者さんに相談しよう!

虫対策・駆除の関連記事
  • コウガイビルの発生原因は?駆除・対策法
  • レタスにつく虫の正体は?発生原因と駆除方法
  • プチトマトにつく虫の正体は?発生原因と駆除方法
  • 【必見】シギゾウムシってどんな虫?その生態と駆除法
  • アザミウマが大量発生!! 駆除と再発を防ぐ対策はこまめに!!
  • もう庭に虫を寄せ付けない!ハーブ対策など今すぐ使える虫よけ方法まとめ!!
おすすめの記事